FXのこと理解

これからどうする?~ インターネットビジネス ~

大学中退、フリーター、就職、退職、留学、再就職、インターネットビジネス、結婚、独立、年収3千万、海外移住、総合レジャー・リゾートオーナー、年収1億、そして、夢実現!Takashi のサクセスストーリー☆

メンター

2013.05.31 (Fri)
こんにちは。おはようございます。樋口崇です。

体が震える程の痛みは引き、何とかじっとしていられるようになりました。
昨日から、テコンドー用のサポーターをして寝てます。
蹴っても痛くないように足首から膝までと、足の甲全体を覆うようにパットが入ってるので結構大きく、ギブスしてるみたいです。

ってかパット入っててこんな事に?!青帯恐るべし。。。汗

今日はメンターについてです。





メンターとは日本語では"師"と言うんでしょうか。
自分を正しい方向へ導いてくれる人、成長させてくれる人の事を言います。

皆さんは自分で何かを勉強しようと思った時、どうやって習う人をや教材を選びますか?
体験教室に行ったり、本屋で教材立ち読みしたり、ネットでレヴュー見たりして自分のやり方に合う物、自分のレベルに合う物を選びますよね?

例えば、英語勉強しよう!って決めて、いきなり英検1級の本買います?パソコン習おう!って決めて、いきなりプログラミング勉強しようって思います?思わないですよね。初級○○とか、初めての○○ってゆうのから買いますよね?

でも、インターネットビジネスを勉強する人は、それをしない人が多いと思います。なぜなら、入り口が広過ぎる(簡単にはじめられる)のと、簡単に稼げると言うイメージが付きすぎているからです。


皆さん、与沢翼さんって知ってますか?テレビなどで年収12億!とか言って豪快にアピールしているスーパーアフィリエイター(情報起業家)と言われる人です。ネオヒルズ族とも呼ばれていますね。

彼は本当に凄い方だとは思うんですが、私は正直、初心者にとってあの人の講座は為にならないと思います。上に居すぎるんです。もちろん色んな動画や教材を見た上で、少なくとも私には向いてないと感じました。
でも多くのネットビジネス初心者は、彼の話を聞いて彼の真似をすれば、月収一億も夢じゃないと思って始め、理解できずに成果を出せず辞めていってしまいます。私も何か良いヒントが貰えるか?と動画を一つか二つ見ましたが、だめだこりゃ。ってすぐ思いましたね。まず何言ってるか、彼らの使っている言葉がわからないんですもん。

あそこまで登り詰めてしまうと、彼らが当たり前のように出来る事が初心者には理解出来ないと言う事を忘れてしまっているように思います。そもそも、超初心者用に作られた動画では無かったのかも知れませんが・・・

パソコン習いたくて、ホリエモンに教えて貰っても、恐らく何言ってるかさっぱりだと思います。それと同じです。すぐに自分には無理だと感じてしまうでしょう。

「成功するには成功者から学ぶ」と言うのは鉄則ですが、山の頂点に立っている人から山の麓に立っている人に何かを伝えても伝わらないんです。教える方も教える事が多すぎて、教わる方も教えて欲しい事が多すぎて、お互いの照準を合わせるのが難しいんです。結局、「上からの景色は綺麗だよ~~」って言う事だけ伝わるんです。

3合目~5合目に立っている人から学んだ方が、目標達成への現実味が湧くし、教える方も自分がどういう道を辿って来たか鮮明に覚えていて、教えられる事も限られているし、初心者のこれが分からないと言う事をしっかりと教えてくれます。

大事な事は、自分に合ったメンターを見つける事。教え方でも人柄でも考え方でも顔でも何でもいいですが、「皆が良いと言ってるから私も~」、という考えで、始めたばっかりで与沢さんの動画を見ても、余程頭が良くないと「ふ~ん」くらいにしか思えないでしょう。少なくとも私はそんな感じでした。
彼の言ってる事、やってる事を理解できるのは、自分が5合目に立った時くらいかなぁと私は思います。

今しないといけない事は、今するべき事をする事。基本をしっかりと学ぶ事です。
プロセスをしっかりと踏んで、一つ一つの目標を達成していく事で、確実にゴールに近づく事が出来ると信じています。

その為には、山頂からの景色がどんなものかを教えてくれるメンターではなく、山頂へ辿り着く為の道順を一つ一つ教えてくれるメンターを探しましょう!これは、インターネットビジネスだけではなく、学校であっても、会社であっても、「~を学ぶ」と言うもの全てにおいて言える事ですね。

私も誰かのメンターになれる日が来るのでしょうか。。。





どんな分野のどんな方があなたのメンターですか?
メンターは何も成功者でなくても構わないはずです。
自分には無い考え方を持っている人、親、家族、友達、恋人、上司、ブログ友達、それらは皆メンターになり得ます。

自分より優れた能力を持った人に嫉妬したり、自分を蔑んだりするのではなく、その人をメンターにして、学び、自分のスタイルを加え、最後にはメンターを超える。それが出来れば、皆が、誰かのメンターになれるでしょう:)





本日の気になるブログコーナー


ブロとも大大大募集中!!!!



本日もお読み頂きまして、ありがとうございます。
また次回をお楽しみに。樋口崇でした。



コメント


管理者のみに表示

トラックバック